ピル効果

ピル効果/ピルを勉強して効果を引き出し、快適ライフを送ろう

ピル効果

 

 まずピルの効果について述べて行きたいと思います。一言でシンプルに言いますとピルの効果は多岐に亘り女性の様々な悩みに積極的にアプローチします。

 

一般的に効能として避妊のイメージが強いかと思いますが、中には逆転の発想で避妊を目的とせず、けれど敢えてピルを服用して疲れた卵巣を休ませてあげて将来の家族計画の為にスムーズな妊娠の為にピルを服用する女性も居ます。

 

 

卵巣を休ませると述べましたが、ピルはまず卵胞に働きかけます。卵胞に働きかけ何をするかと言いますと排卵を止めます。

 

精子と出会うための卵子の排出を遮る事で避妊の効果を発揮する一方でこうする事で長く働いてきた卵巣を休ませることも期待できます。

 

ピルは避妊や生理不順への対処だけでは

 

無く、卵巣に何らかのトラブルを抱えてる女性の、治療の選択肢の一つとしても注目されてます。

 

また、適量のホルモンを含有したピルを服用する事で、乱れがちなホルモンバランスを強制?される事で肌荒れが改善されたり、更には骨粗鬆症まで予防してくれます。

 

誤まった認識で癌の発症率が高くなると、今も巷で広まってますが、そういった根拠のない事実に惑わされずに自分にとってのメリット・デメリットをよく判断した上でピルの効果を体感して頂きたく思います。

 

またピルの働きで生理痛が軽減するという話を聞いた事が有ると思いますが、これはピルに鎮痛効果が有る訳では無く、子宮内膜が厚くなるのを抑えるので結果的に出血量も少なくて済み、収縮して剥がれ落す際の痛みも軽減させるといった仕組みです。

 

優れたピルの効果を体感して不安要素を無くして快適に過ごしましょう

 

ピル値段

 

ピルの値段って高いイメージしかない!って方が多いですよね。確かに、相応の効果があったりするけど安いと言ったら過言になるかも知れません。

 

けれど、正しい情報が浸透するに従い、多くの女性の間にピルに対する認識が良い方向に変わりつつあるのではないでしょうか。

 

ピルは10代から飲み始めても全然早くありません。40代から初めて飲み始めても遅い事もありません。

 

ただ、10代が支払うには少し?ハードルが高いですね。いえ、年代問わず、やはり費用の面では高いと感じる方が多いかと存じます。

 

 

治療を目的としない場合低用量ピルの処方は保険適応外になりますので。正直、その病院の匙加減ひとつで幾らにでも設定されます。当サイトが可能な限り調べて平均的に出してみたところ、3000円〜5000円ですね。(低用量ピル一カ月分込で)

 

事前の費用確認に併せ、さり気なくピルの扱いに慣れてるかも探ってみると良いかと思います。

 

毎回受診して処方してもらうと塵も積もればではありませんが、負担もそれなりに掛かってきます。問題なくピルを服用できるようになりピルを熟知出来るようになってきたら通販で取り寄せるという方法も良いかと思います。

 

ただ、幾ら費用を抑えられるからと言っても、初回からピルをよく知らないうちから通販を利用するのは危険な行為です。

 

まず禁忌に該当しないのか、正しい飲み方とは、どんなものか勉強した上で、問題なく服用出来る事を証明出来てから通販を利用しましょう。

 

ピルの値段を安く抑えたいなら通販が最適。慣れたら通販を利用しましょう

 

ピル種類

 

「ピルの種類」って余り重視しない人も居るかもしれませんが長く付き合う上で非常に重要になってきます。

 

第一世代〜現在は第4世代まであるピルですが、第一世代が、当然一番歴史が深いという認識で問題ないのですが、世代の面は余り重要視しなくて良いのですが1相性か3相性か、それぞれメリットが異なってきます。

 

正しく服用する事で避妊・不正出血予防等の効果は共通して得られるのですが。

 

1相性は生理日の調整を目的とする時に便利とされてます。ベテランのユーザーさんは1相性を選ぶ事が比較的多いそうです。勿論、初回から1相性を選んでも全く不自然でもないし問題も無いのですが。

 

飲み間違える心配も有りませんので、その点も大きなメリットと言って良いのではないでしょうか。

 

3相性については、服用の順番を間違えられないという点はありますが正しく順番通り飲むことで不正出血に、しっかり対応出来ます。

 

またホルモン変化も非常にナチュラルなモノになってますので負担も確かに少なくなってます。

 

 

相性の種類の説明については、これ位にして
いずれのタイプにも21錠タイプと28錠タイプの2種類があります。

 

21錠タイプは本当にシンプルに実薬分のみ。28錠タイプは休薬期間の把握・服用習慣等を目的として偽薬を7錠セットにしたものです。

 

7日間を超過する休薬は卵胞も目覚めてしまい排卵も起こりますので避妊を主な目的で飲んでいる方は特に注意が必要です。

 

ピルの種類は沢山あるけど、ピルに慣れて相性も判ったら便利な通販も良いですね

 

ピル副作用

 

ピルの副作用つい、警戒してしまいますよね。特に初めて服用します!という方は情報が少ないと不安になりますよね。

 

という事で副作用についてスポットを当てて解説したいと思います。実際に女性が服用するホルモン剤ですので色々、包み隠さず述べて行きたいと思います。

 

色んな種類が有る中で、どのピルが相性が良いのか。まず、病院の先生と相談してみましょう。先生の判断によると思いますが私が処方されたのは3相性ピルでした。

 

一つ上のコーナーでも取り上げましたが3相性ピルは最も自然なホルモン変化をもたらしてくれるので負担が少なくなってます。

 

元々不正出血を起こしやすい傾向にあったので、先生が3相性ピルを勧めてくださいました。しっかり服用をするようになり程なく、不正出血の現象は無くなりました。

 

副作用については最初の3日間に限り倦怠感と胸焼け・頭が重い感じが有りましたが普通に仕事に行けるレベルでした。もちろん、業務にも支障が出る事は有りませんでした。

 

元来、日本でピルと言えば中用量ピルが使われていたので、副作用も低用量ピルに比べれば出やすい傾向にありましたが、低用量ピルが主流になってからは副作用より軽くなりました。

 

 

もちろん、低用量なら絶対に副作用が起きない!というわけではないのですが。ピルの副作用の一番の原因と言うのは、ホルモン変化に対応できない事にあります。

 

けれど、殆どの人が3日も有れば変化したホルモン環境に慣れてきますので、副作用の出現が治まります。

 

ピルの副作用を理解しピルと上手に付き合い効能を実感したい方は参照ください

 

ピル不正出血

 

ピルで不正出血は起こらない事ではないです。飲み忘れ等が原因で起こる事が有ります。勿論、飲み忘れが無くても起こる場合が有ります。下記に詳しく解説します。

 

まず、ピル服用中に起こる不正出血の主な原因を挙げて行きたいと思います。

 

1つは今挙げたようにピルの飲み忘れが原因で起こる事が有ります。もしもピルを飲み忘れた場合は早めに対処するのが肝心です。

 

また、ホルモンの環境変化に対応しきれず、服用を始めたばかりの頃に時として不正出血を起こす事が有ります。

 

この場合、飲み続けるうちに不正出血が落ち着いてきますので、様子をみましょう。

 

特に1シート目から続く不正出血のパターンとしては、生理がスッキリ終れなくて少量の出血が長引いてる事が殆どです。

 

この現象は余り心配の要らない事が殆どで消退出血を機にリセットされ、2シート目から不正出血が起こりにくく成るとされてます。

 

 

それでも改善しない・間違いなく飲み忘れが無くても止まらない場合は一人で心配を抱えるより、医療機関を受診して指示に従ってください。

 

仮説になりますが、飲み合わせの悪い、相互作用のある薬を誤まって一緒に飲んでしまうとホルモンの血中濃度が降下し不正出血に繋がる場合が有ります。

 

薬の併用は自己判断で行わず医師又は薬剤師に相談して、支障のない薬を処方してもらいましょう。

 

ピルによる不正出血時の対応も判り誤解も解けた所で検討したい方はこちらから

 

低用量ピル効果

 

低用量ピルは美容効果も有り?健康・ダイエット・肌質改善と三拍子揃ってると聞いた事が有ります。

 

これ、実際に有ると思いますよ。少なくとも実際に飲んでる私はこれ等の事を実感してます。

 

ピルは避妊は勿論、PMSの改善にも効果的に働きかけ、女性の心強い味方です。

 

これ、私だけなのかしれませんが、生理前って、変な体臭を感じるんですよね。自分でも感じ取れる位、何とも不快な体臭で血生臭いって表現が一番近いのかな。

 

生理前の肌荒れも手強いんだけど、臭いが一番厄介なんですがピルを始めてからは両方とも改善しました。

 

PMSも辛いですよね。イライラ・憂鬱感の精神的にくるダメージに加え、だるさ・のぼせ・頭痛・腹痛等の身体的な苦痛。

 

これ等を効率的に改善する方法が有ります。改善を諦めず取り組んでみて下さい。

 

自分と相性の良い低用量ピルを服用してみる

 

ナチュラルなホルモン変化をもたらす3相性タイプのピルに根強い人気が有ります。

 

最低でも6時間の睡眠を心がける

 

 

慢性的な睡眠不足はイライラ・憂鬱感を悪化させ、自律神経のバランスも崩れやすくなり倦怠感等も悪化させますので適度な睡眠時間を確保するよう心掛けましょう。

 

適度な運動・バランスの良い食事を心がける

 

基礎体力は何においても、自身の身を助けます。適度な日光浴と適度な運動は健康な体を維持すのに欠かせません。

 

低用量ピルの効果は貴女を裏切りません、メリットを引き出しましょう

 

ピル避妊効果

 

低用量ピルの避妊効果は、どのくらいあるの?服用を検討する上で重要な情報ですよね。具体的に確率的な事を言いますと避妊効果は99%と言われてます。

 

後の1%は知らずに相互作用のある薬を一緒に服用してしまい、タイムリーに特別な避妊措置を取らない性交があり失敗に至ったといったようなケース。

 

 

確実な服用の意味に含まれる事は、こういう事ですね。例え飲み忘れが無くても、時に、こういう落とし穴が有りますので充分に注意して頂きたいと思います。

 

ピルに限らず、どんなに優れた効能が有っても、それを打ち消してしまう服用方法も存在します。知らずに、そういった間違った飲み方をしてる可能性もあるので正しい服用方法を把握していって欲しいと思います。因みに今更ですが、ピルの避妊効果は何日目からあるか正しく把握してますか。

 

当サイトで幾度となく、まずは産婦人科の受診を勧めてますが、ピルの避妊効果は飲み始めるタイミングが違うだけで効果が出てくる時期が違ってきて、それが落とし穴になってるケースが少なくないからです。

 

生理が来て最初の日曜日に飲み始める、サンデータイプで服用を開始した場合
ピルの効果は服用から7日経ってから現れます。

 

もう一つのタイプ、デイワンタイプで、生理の初日から服用を始めますと、しっかり卵胞に働きかけ排卵を抑制しますので、初日から避妊効果が現れます。

 

低用量ピルの避妊効果の正確な引き出し方の詳細はこちらを参照ください

 

ホーム RSS購読 サイトマップ